ビビリの私が初めてエンジニアの勉強会に行った話する?

IT勉強会ってどんな雰囲気なの?と興味をお持ちのあなた、そして、始めの1歩が踏み出し切れないあなたに(`・ω・´)

勉強会へ参加していなかった理由と参加するきっかけ

今まで、日々開催されているIT系の勉強会に行ってみたいという願望はあったのですが、
結局参加できていませんでした。
理由は2つ。

1つは、仕事終わりが勉強会に参加できる時間じゃなかったから。
ほぼ毎日、21時までに退社することができない生活してたものでして。。。
ちなみに土日は平日の反動で屍と化してた。

もう1つは至ってシンプル。

ビビりだから(コミュ障だからとも言う)。

人の集まりに飛び込んで行くなんて恐ろしいことできぬ!!とか、
ノンスキルの私が行っても邪魔なだけとか恥ずかしいとか、
そんなネガティブ思考が渦巻いて、行動を起こすことができなかったわけです。

ですが、ここ最近転職をし、早い時間に帰れることが増えてきました。
これは、空いた時間にスキルを身につけるチャンスなのでは?
何より、日進月歩なITの世界。
このままでは置いてかれる(それ以前に技術力が無いけども)、ひいては仕事が無くなる!!
という焦りのもと、私は「IT勉強会」へ参加してみようという決意を固めたのです。

「dots.女子部もくもく会」へ参加してみた

腹はくくったものの、さてどれに参加してみよう…?と色々探してみたところ、目に留まったのが「dots.女子部もくもく会」。
もくもく会なら基本的には自分のペースで勉強できるし、女性だけの勉強会なら心理的ハードルも低いかな?と思い、申し込むことに。

んで、当日。
相棒のMac bookを抱え、渋谷のdots.へ。
そもそもコワーキングスペースというもの自体に足を踏み入れたことのない私は、ちょっとワクワクしながら中へ…と。

なんかめっちゃ学生いるー!?

どうやら今日は同じ時間帯に別のイベントもあったらしく、会場は大盛況。
よもや日程を間違えたかと思いわたわたしていたところ、
運営の方が声をかけてくださいました。
改めて中に入ると、おしゃれなカフェのような雰囲気のスペース。
案内されたのはソファーエリアで、
こちらは私がたまに行く猫カフェに雰囲気が似ていました。猫いないけどw
今日はここで「もくもく」するらしい。

時間になり、まずは自己紹介をしつつ本日やることの発表。
私はこのサイトを自作テーマに変えるべく、もくもくします!と宣言。
で、他の方の自己紹介を聞いていたのですが…

有名企業で活躍されている第一線のエンジニアだったり、
フリーランスでバリバリお仕事されているエンジニアの方だったり、、、

やっぱり来るとこ間違えたー(T ^ T)帰りたい。。。

とんでもないところに迷い込んでしまったという困惑を抱えつつ、
とにかくもくもくスタート。

最初はsublime textで順調にSCSSを書いていたのですが、
いざコンパイルしようとしたところエラーになる。
で、そこから障害調査へ(笑)
結局この記事を書く今に至るまで解決していないのですが、
とりあえず目処が立つところまではなんとか持って行きました。
でも結局それで全部時間使っちゃった。。。

他の方も各々「もくもく」。
iOSアプリとか、Androidの何かとか、Azureとか…?
もはや名前くらいしか聞いたことのない技術やら用語やら、
とにかく「もくもく」されてました。
そして私は自分の知識の浅薄さに落ち込みつつ、
延々とコンパイルエラーの原因を探る。。。

他方、学生さんたちが賑わっていたスペースでは、
学生さんや企業の方のLTやら何やらが行われておりました。
たぶん これ だったと思う。
その中で、Code IQでマンガを連載されているちょまどさんもお話しされておりました。
ちょまどさんのマンガ、面白くて分かりやすくて好きなんだよなー。
図らずもお話聞けて光栄でした。

そんなこんなで、あっという間に初めての勉強会は終了。
今回は、第一線で活躍されているエンジニアの方のオーラというか雰囲気というかを感じ、
とりあえず自分のレベルの低さを改めて痛感した次第です。

でも、他の勉強会にもっと参加してみようという意欲も高まりました。
レベルの高い人たちの背中を見て、追いつけずとも追い続ける姿勢くらいは
持たないと!と思ったのです。
WEBエンジニアの卵から、一人前のエンジニアを目指して頑張るぞ!!!


次回は、勉強会とは少し違いますが「LIGのエンジニアお茶会」にお邪魔します。
LIGファンの私にとっては念願の会社訪問です。
動機は単なるミーハーですが、
きっちりいろんな知識を持って帰ってきたいと思いますよ(`・ω・´)

コメント