年1回以上北海道へ行く私が選ぶ、北海道旅行のマニアックな楽しみ方

くらしの情報

どうも、先輩に北海道出身だと間違えられたことのあるさわ(@sawa12mskdr)です。私の出身は山梨です。

私は祖父母の家が北海道の道東地域(北見・網走などのオホーツク海側)にあるため、生まれた時から年1ペースで北海道へ遊びに行っています。

また、大人になってからはTEAM NACSにハマったり、嵐のコンサートへ行ったり…と、札幌へ足を運ぶ機会も多くなってきました。

そんな北の大地大好きマンの私が、マニアックな北海道旅行の楽しみ方を教えます。

私が主に訪れるのは札幌と道東地域に限定されていますが、紹介する楽しみ方はおおむね北海道全域でできるはずです。(在住の方で、「うちの地域では無理…」という項目がございましたらご一報ください。北海道、広いですもんね…)

スポンサーリンク

終わらない天気予報(通年)

ホテルに入って、のんびりテレビなんかをつけたときは、ぜひ「天気予報」に注目してください。終わらないので!!(笑)

山梨だと、「県内各所の天気+近県の天気」を、東京だと「関東(首都圏)の天気」を流すのですが。

北海道は、ひたすら「北海道の天気」だけを流し続けます。しかも、エリアを細かく分けて予報の解説をする番組だと、とにかく長い!

個人的にはNHKがオススメですかね、波と風の予報もやるので。翌日の天気、週間天気と合わせてお腹いっぱい見られます(笑)

私が北海道でよく見るのはHTBですが、「今日のお天気ポイント」とかやってても、「札幌だけやん…」って思います。

関東の人が、「それ東京だけ…」って思う感覚と一緒ですねw

夏でも冷たい水道(夏)

もしかしたら、ホテルやデパート、駅などの公共施設では温度調節されている可能性があるので、ちょっと難易度高いかもしれませんが。

とりあえず、水道の蛇口をひねってみてください。どこかで適度に冷やしてない?って思うくらいのお水が夏でも出てきます。

夏場はお湯…とまでは言わないまでも、ひどくぬるい水が出てくる地域の人間としては、なかなか感動モノですw

ちなみに冬場は手に刺さるレベルの冷たい水が出てくるのでご注意をw←うっかり出して悲鳴あげた経験あり

ロールが転がる広大な畑(夏〜秋頃)

ロールとは、牧草をロールケーキ状に丸めた巨大な塊のことです。ロールを人力で転がすイベントをやってる地域もあったりします。


(写真提供:ぱくたそ

郊外へ向けて少し車を走らせただけで、このロールが畑にゴロゴロ転がってる風景を楽しむことができます。

また、飛行機の離着陸の時にも、空からロールがあちこちにあるのを確認できますね。

私が思う「The 北海道の景色」ナンバーワンです(*´∀`*)

どこまでもまっすぐのびる道(通年)

これまた「The 北海道の景色」ですね。

日本は国土の多くが山林なので、なかなか地平線までまっすぐのびるような道ってお目にかかれないと思うんですよ。てか地平線見られる地域もあまり多くなさそう。

私などは四方を山に囲まれた地域で生まれ育っているので、ひらけた土地にまっすぐのびる道を初めて見たときはとても感動したものです。

ここで、レンタカーで北海道を満喫する方に注意事項を。

開放的で広大な道に感動するあまり、スピードの出しすぎにご注意ください。

道が広いのもあいまって、スピードを出してる感覚がなくなるため、気がつくと一般道で80km/hとか余裕で出てたりします。メーターをよくご確認ください。

余談ですが、北海道の交通違反&交通事故は、道外から来た観光客が起こしてるものが多いとか…。道民、とんだとばっちり。。。

回らない回転寿司(通年)

なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、まずは全国チェーンではない回転寿司に入ってみましょう。

狙い目は、回転寿司レーンの中で職人さんがお寿司を握っている、ひと昔前のスタイルのお店です。可能であれば事前に調べてみましょう.

可能なら、混雑時間帯を少し避けて行くのがオススメです。

すると、「回転寿司なのにほとんど商品が回ってない」現象に出会えます。

レーンの中の職人さんに、直接食べたいお寿司を注文してください。

そうすれば、回転寿司のお手頃な値段で、北海道クオリティの美味しいお寿司が堪能できる可能性が高いです。

「回らない回転寿司」については、こちらのDVDで大泉洋さんも絶賛しておりますので、気になる方はご覧ください(^_^)

おわりに

北海道はご存知の通りとても広いですし、魅力あふれた観光地がたくさんあります。

普通に観光旅行を楽しむだけでも大満足できることは間違いありません。

でも、この記事を読んでくださったあなたは「ちょっとマニアックな北海道の魅力」もぜひ楽しんでくださいね!

コメント