サイトデザイン調整中。もし見づらい箇所がございましたらご一報ください

私の悩みは全てダイエットが解決するのかもしれない【2022/07/04】

日記のアイキャッチ画像ライフログ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日の活動状況

健康の部

ムーブ
360kcal
エクササイズ
20分
スタンド
12時間
歩数体重
75kg
体脂肪率睡眠
6時間

427kcal

22分
×
11時間
4180歩79.6kg38.9%1.5時間

F1見てたので寝るの遅くなった。。。今週は安定して5~6時間確保するぞー

ライフワークの部

  • ToDo整理。資料は週明けの提出になったので、まだもう少し格闘する(もうやだ…)

7/1の日記で少し触れた「眠りと肥満の関係」について、ナショナルジオグラフィックにて気になる記事を見つけた。

この記事によると、近年の研究では肥満細胞自体が眠気をもたらしている可能性が指摘されているらしい。

メカニズムとしては、

脂肪細胞が増える→脂肪細胞に免疫細胞が入り込んで炎症を起こす→さまざまなサイトカイン(免疫物質の一種)が分泌される

ここで、サイトカインの一部には強い眠気をもたらすものがある。(以下、睡魔サイトカインと勝手に呼ぶ)

肥満の人は、この睡魔サイトカインの血中濃度が高くなることが明らかになっているそうな。

つまり、”睡眠不足かどうかに関わらず、太ってるだけで睡魔に襲われるリスク増加”という話のようだ。

また、ここまでの話で以前内科の先生に言われたことを思い出す。献血した際の血液検査結果でアルブミン/グロブリン比の数値が以上に低く、原因を調べるべく診療所に行った時の話だ。先生の話では、

  • アルブミン/グロブリン比が低い = タンパク質不足
  • タンパク質不足の原因は、
    ①摂取量が足りていない
    ②正常に吸収できていない
    ③病気などで身体が炎症を起こしていて、タンパク質を大量消費している
  • 私の場合は③が疑われるが、特定の場所が痛むなどの自覚症状がないため、原因を特定するには考えうる検査を1つ1つやっていくしかない

とのこと。

…え、もし③の「身体が炎症を起こしている」だとしたら、特定の病気とかではなくて、肥満が直接の原因の可能性高くない?

ある一箇所が強く炎症起こしてるのではなく、肥満により全身で炎症状態w

あくまで全く医学に明るくない素人の推測に過ぎないけど、自分の肌感と合わせてかなり納得がいく。

そして、日中の睡魔を蹴散らすにも、アルブミン/グロブリン比の数値を正常化するにも、”体重・体脂肪率を標準範囲内に戻す”…つまり痩せるしか道はなさそうである。。。

繰り返しになるが、あくまでど素人の推測&実感なので、医学的に正しいかどうかは全く不明ということは強く申し添えておく。YMYLとかうるさいし…というブロガー脳

でも、まずは自分の中で因果関係が腑に落ちたということで、改めてダイエットを真摯に取り組もうという意欲が湧いたという点では収穫があったと思う。

1日1日、地道に取り組んでみよう。

本日はこれにて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました